人気ブログランキング |

カテゴリ:季節の風物詩( 37 )

平成最後の桜

 平成最後の桜も、あらかた散りました。
 新たな時代がその名のように穏やかで和やかであることを願います。

f0148563_17023038.jpg

f0148563_17024526.jpg



f0148563_17031498.jpg

f0148563_17033405.jpg

f0148563_17034702.jpg

f0148563_17035504.jpg

f0148563_17040640.jpg


f0148563_17042272.jpg



by nene_rui-morana | 2019-04-14 17:07 | 季節の風物詩 | Comments(0)

平成最後の梅

 少し時間が経過しましたが、新年号に所縁もあるので、平成最後となった梅の写真を、少し多めにアップします。
 花のピークは過ぎていましたが、良い香りにつつまれて、良いひと時を満喫しました。
 撮影場所は、我が歌川国貞が活動拠点にしていた亀戸とそのすぐ近くの小村井です。江戸時代は梅の名所だったこの地、国貞も梅見を楽しんだことでしょう。途中、国貞のお墓にも詣でました。

f0148563_21265527.jpg

f0148563_21271359.jpg

f0148563_21272446.jpg

f0148563_21282329.jpg

f0148563_21282899.jpg

f0148563_21283379.jpg

f0148563_21283909.jpg

f0148563_21284896.jpg

f0148563_21295155.jpg

f0148563_21303301.jpg


by nene_rui-morana | 2019-04-07 21:33 | 季節の風物詩 | Comments(0)

謹賀新年

 平成最後の元旦を迎えました。

 年末に記したとおり、自分を取り巻く現在の環境は過酷で体調も今いち、苦しい年明けとなりました。冬休み中に読もうと思っていた本もほとんど手つかずに返すことになりそうです。テレビではいい番組が目白押しですが、なかなか見る時間がとれず、ブルーレイの容量がいっぱいにならないかヒヤヒヤしています。

 今年一年、かなり大変そうですが、しかし誰に頼ることもできませんので、美術展等を心の支えに、一歩ずつ進んでいきたいと思います。

 

 あらためまして、本年もよろしくお願いいたします。


by nene_rui-morana | 2019-01-01 17:29 | 季節の風物詩 | Comments(0)

平成最後の大晦日

 月並みな表現ですが、光陰矢の如し、今年もあと2時間を割りました。

 今年も実にいろいろなことがあり、一言では語れません。

 辛いこと苦しいことは限りありませんが、美術館等で心清らかにしてもらいました。今年は貴重な仏像を都内で多数見ることができ、旅行が困難な自分には嬉しいことでした。しかし例によって、記事のアップは撮りためたテレビ番組の視聴と共に滞る一方です。せめて明治150年関係の展覧会の記事だけでも年内にまとめたかったのですが、実現できませんでした。

 多くの課題を残して冬休みに入ってからも、水回りの工事に始まり、大事なものをなくしたり、本日テレビが壊れて買いに行ったりと、平成最後の年末を味わうには程遠い、せわしなくブルーな中での年越しとなりました。想定外の支出もかさみ、しばらくは緊縮生活です。目先の責務に追われ、休み中に予定していたことはできそうにありません。 

 気が滅入るような内容で締めくくるのはやりきれませんが、遅れに遅れた検査の結果が問題なしだったことを天に感謝し、気持ちも新たに、新たな年、新たな時代に、のぞんでいきたいと思います。

 拙い本稿を読んでいただいた皆様、どうぞ、よいお年を、そして、来年もどうぞよろしくお願いします。

 
by nene_rui-morana | 2018-12-31 22:25 | 季節の風物詩 | Comments(0)

平成最後の年の暮れ

 気が付けばクリスマスも過ぎ、今年の仕事の明日で最後となりました。来週はもう、平成最後の正月です。

 先週までに大きな仕事が一段落し、先日は休みをとって少しですが年末の用事を済ませました。


 まずは年賀状、枚数はかなり減りましたが、合計80枚を超えました。昨年、昔の上司何人かから「節目の年を迎えたので年賀状は今年までにしたいと思います。」と言われました。この方々の他、もう会えない恩師や親友Chiakiなどを住所録から削除するのは、一抹の寂しさを感じました。今年は父が懇意にしていた方も交通事故で急逝され、心に穴があいたような思いを胸に、作成作業をしていきました。

 会社をしていた我が家では、神棚の掃除と新たなお飾りも暮れの仕事です。若い頃から父を手伝ってきましたが、入院してからは自分一人の役目となり、かなり手際が良くなってきました。お飾り一式は少し前までは、この時期に近所のあちこちで出店し、毎年小学校時代の同級生の実家で買っていましたが、コンビニなどで売るようになった一昨年あたりから全くなくなりました。我が家の神棚のしめ縄は4尺、ひとつ先の駅近くの量販店まで買いに行きましたが、風が強い日で自転車で持って帰るのはかなり大変でした。

 クリスマスの日は残り当番だったのでイブの日にケーキを食べましたが、昨年まで買ってきたケーキ店が知らぬ間に閉店していて唖然、開店直後に叔父が買ってきてくれてから10年たつかたたないかです。

 再開発等で街中の変貌は目覚ましく、今年の暮れに時の移ろいを、いつにも増して実感しました。

 湿っぽい話になってしまいましたが、来年に向け、いろいろ抱負はあります。

 今年は大掃除はキャンセルしちゃいますが、明日の仕事納めはしっかりこなし、休みに入ったら神棚と仏壇の掃除です。


by nene_rui-morana | 2018-12-27 21:34 | 季節の風物詩 | Comments(0)

ささやかな贅沢


f0148563_15400702.jpg 


 今年も、ボジョレーヌーボーが解禁となりました。

 以前は自分には全く関係ないことでしたが、加齢により寝つきが悪くなった数年前から、楽しみになりました。

 先日はコンビニで赤を買って賞味、本日は飲む機会が少ない白を買いました。
 通常は寝がけの御供はコンビニの安いペットボトルのワイン、自分へのご褒美に少し奮発しました。

 カテゴリはやや無理がありますが、このニュースを見聞すると、今年も残り少ないことを感じます。

 平成最後となるボジョレーヌーボーのコルクと瓶は、記念にとっておこうかと思っています。


by nene_rui-morana | 2018-11-26 15:49 | 季節の風物詩 | Comments(0)

彼岸の中日

 23日は秋分の日、非番の日曜日でしので、菩提寺に行きました。

 父が亡くなってから、お寺に行くことが増えましたが、春と秋の彼岸は特に感じるものがあります。墓所は季節の花で彩られ、目を楽しませてくれます。同じく先祖を思う方々と墓に参ると、余裕のない日常生活に疲れ気味の心身が少し癒される気がします。

 いささか不純ですが、菩提寺では美しい昼食と御茶を出して下さるのも楽しみです。

 行きは少し雨に降られましたが、晴れ男だった父の面目か、読経が終わって塔婆をあげる時には晴れていました。


 秋雨前線の活動が活発ですが、昨日も午後は晴れて、見事な中秋の名月が見られました。

 本年度も半分が過ぎ、来週から第3四半期に入ります。


by nene_rui-morana | 2018-09-25 21:20 | 季節の風物詩 | Comments(0)
 こちらも久々の訪問、最近は開花の時期が少し早まっているようで、GW中に満開になりました。そのためか大変な混雑で、入園待ちの行列が長く本郷通りにのびていました。
 薔薇は本当に綺麗でした。
f0148563_20332695.jpg

f0148563_20332954.jpg

f0148563_20333201.jpg

f0148563_20333581.jpg

f0148563_20333892.jpg


by nene_rui-morana | 2018-05-08 09:28 | 季節の風物詩 | Comments(0)
 久々に見た牡丹、爽やかな五月晴れの下、見事に咲き誇り、清々しい気分を満喫させてもらいました。

f0148563_22062108.jpg


f0148563_22061720.jpg


f0148563_22061464.jpg


f0148563_22061129.jpg


f0148563_22060598.jpg

by nene_rui-morana | 2018-05-07 10:05 | 季節の風物詩 | Comments(0)

靖国神社の桜

 今年のお花見の締めは、靖国神社にしました。
 この界隈は10代半ばの頃より親しんできましたが、鳥居の中まで入るのは今回で数回目です。
 境内の一部が工事中で見られない桜もありましたが、やはり格別でした。
f0148563_12010222.jpg


f0148563_12010818.jpg


f0148563_12011598.jpg


f0148563_12011951.jpg


f0148563_12012500.jpg


 当日は本当によく歩きました。
 境内を出た後、一時期、定期的に通っていた近くの場所を探しに行きましたが、町並みが激変し分からなくなっていました。
 今年の桜には心癒される一方で、歳月の移り変わりも実感しました。

by nene_rui-morana | 2018-04-07 14:08 | 季節の風物詩 | Comments(0)

趣味の史跡巡り、美術展鑑賞などで得た感激・思い出を形にして残すために、本ブログを立ち上げました。心に残る過去の旅行記や美術展見学記なども、逐次アップしていきたいと思います。


by nene_rui-morana