人気ブログランキング |

裾分一弘先生ご逝去

 本日の朝刊に、美術史家・裾分一弘先生の訃報が伝えられていました。享年91歳。


 今は昔、自分が在籍した大学で、裾分先生は講義をもたれていました。他学科専門科目として卒業単位に認定されていたため、三年次に先生の「ルネサンス美術史」を履修しました。最大の目的は、小学生時代にテレビ番組で見て以来心酔していたミケランジェロの【ピエタ】、内容がこの作品に及び、スライド(現在ならパワポでしょう、時代を感じます)を用いて説明を受けた時は、興奮と感動で胸が一杯になりました。

 他には、レオナルドについて詳しく触れられました。【モナリザ】などの有名作品の他、手稿についても詳細に語られました。裾分先生は世界的なレオナルド研究者で、現存する素描類全てのレプリカを所有されているのは世界中で先生ともうお一方だけと10数年前の出演テレビ作品が伝えていました。その意味では自分は大学時代に大変貴重な作品の映像を見られたわけです。大学時代はまだ素描というジャンルの魅力がよく分かっていなかったので、現在あの講義を聴いたなら、また新たに感じるものがあるでしょう。

 配布されたレジュメには、レオナルドの自筆文なども掲載されていました。有名なヴァザーリの存在も先生に教えていただきました。自分はイタリア語は全く知りませんが、とても分かり易く解説していただいた記憶があります。

 先生は同世代の他の男性と比較して、かなり長身で足が長く、失礼な言い方ですが「かっこいい方だな。」と感じました。


 当時の我が家は経済的には大変苦しく、学費その他全般を自分のアルバイトで賄っていました。親の会社の手伝いもしなければなりませんでした。よって、先生の講義を全出席することはできませんでしたが、【ピエタ】の講義の時は諸般をやりくりして登校しました。

 出席をとる授業だったので、単位をとれれば充分と思っていましたが、年度開始時に決めていた【ピエタ】で書いたレポートは、四年間に履修した講義の中で最高の成績をいただけました。海外旅行は夢のまた夢だった当時、このレポートの最期に「いつの日かバチカンを訪れ、真っ先にピエタと対面を果たしたい。」と記しました。


 月日は流れ、様々な出来事により、新たにイタリア美術に対する多くの関心が高まりました。

先生の講義から10年ほど経過した時、イタリアを訪問し、長年の夢がようやく叶いました。

 2000年には再度「イタリア・ミレニアム旅行」を敢行し、ピエタとの再会と四大バジリカ巡礼を果たしました。帰国後、旅の感動を兼ねてかつてのご指導の御礼の手紙を書いたところ、丁寧な返書をいただきました。

 その後さらに、イタリア美術に魅せられつつ、今日に至っています。


 今年は日伊国交樹立150年目ということで、イタリア美術の展覧会が多数企画されています。多忙な時間をぬって、レオナルドやボッティチェリの展覧会に足を運びました。来月からはカラヴァッジョの作品が国内で公開されますが、今や自身の中で最高の地位にいるこの天才も大学当時は名前くらいしか知りませんでした。

 先生はどうされているか、お元気ならまたイタリア美術に関する思いを手紙に書いてお伝えしたいと思っていた矢先、訃報に接しました。

 日本とイタリアにとって記念すべき年に、近年真筆と鑑定されたカラヴァッジョの【法悦のマグダラのマリア】の来日決定にバトンタッチされるように天上に旅立たれたことに、あらためてイタリア美術史家としての裾分先生を感じました。


 若き日の懐かしい思い出を回顧しつつ、多くの感動を与えていただいたことに感謝しています。今後はイタリア美術に接する度に、先生の講義を思い出すことでしょう。

 つつしんで、ご冥福をお祈りいたします。

 


by nene_rui-morana | 2016-02-22 12:31 | 芸術 | Comments(0)

 20世紀を代表する往年の名バレリーナ、マイヤ・プリセツカヤさんの訃報が報じられました。享年89歳。

 クラシック・バレエの殿堂、ボリショイ・バレエ団のプリマとして数多くの舞台に出演、私がその名を知った時は50代になっておられましたがなお現役で、60代まで活躍されていました。
 生の舞台を見る機会はありませんでしたが、30代の頃に主役を演じた「白鳥の湖」をレンタルビデオで見て、高い技術と芸術性に魅了されました。テレビの特集番組を録画したビデオが今でも残っています。
 自伝「闘う白鳥」も読み、東西冷戦下では世界最高峰のバレエ団員も海外公演にあたっては十分な資金が支給されず、遠征先のホテルでは満足な食事もとれなかったことや、獲得した外貨の多くの国家に取り上げられていたことなどを知りました。トップに上りつめながら、様々な事情でその座を退くことになった共演者のことも述べられていて、その中には日本で開催されたコンクールで優勝された方もいました。
 日本を愛され、日本の有識者との対談記事を週刊誌で読んだ記憶もあります。
 同時代を牽引したイギリスのマーゴ・フォンティーンさん(誕生日は私と同じ)は20年以上前に亡くなり、共にボリショイで活躍したナタリヤ・ベスメルトノワさんやエカテリナ・マクシモアさんも既に他界されています。
 奇しくも先日、往年の日本の名バレリーナ、谷桃子さんの訃報も伝わりました。妹が小学生時代に通っていたバレエ教室の先生は、谷さんの直弟子でした。
 時代を代表する方の訃報に接する度に、人の世の定めを実感します。

 つつしんで、ご冥福をお祈りします。
by nene_rui-morana | 2015-05-05 15:18 | 芸術 | Comments(0)

国貞初期の武者絵 発見

 本日の読売新聞夕刊に、我が歌川国貞が初期に描いた作品が、松本市の日本浮世絵博物館で発見されたとの記事が掲載されていました。国貞ファンの自分にとっては大変嬉しいニュースです。
 日本浮世絵博物館へは20年以上前に一度行きましたが、当時はまた゜国貞作品の魅力に気づいておらず、残念ながら記憶がほとんどありません。
 今の自分には松本まで赴くのは不可能ですが、来月から太田記念美術館で開催される国貞展に出品されるとのことで大感激、大きな仕事がいくつも入っておりますが、必ず行きます。
by nene_rui-morana | 2014-09-13 21:09 | 芸術 | Comments(0)

f0148563_22424928.jpg

               [副 題] 妖精になったバレリーナ

               [見学日] 2013年12月23日(月)

               [会 場] ニューオータニ美術館


 ニューヨークシティバレエ団の記事を書いたので、関連づけもあり、暮れに見た標記展覧会の感想をそれより早く鑑賞した他の展覧会に先にアップすることにした。
 情報を得たのは職場の福利厚生室に置かれていたチラシ、クラシックバレエを特集した展覧会を見る機会は少ないので、ぜひ見ておきたいと思った。年末に入って忙しさが増し、一時は断念しかけたが、例によって会期終了間際に会場に足を運ぶことができた。
 当日は国立新美術館で点描の特別展(記事はいつかアップします...笑)を見て、近くのレストランで大変美味しいイタリアンのランチをいただいた後、地下鉄で赤坂に移動した。タッチの差で目的地近くに停車するコミュニティバスに乗り遅れてしまい、残念だった。
 会場となった美術館へは、過去に浮世絵関係の展覧会で一度だけ訪れた。
 
 女性ならば少女時代、バレリーナに憧れたことのある人は少なくないだろう。かくいう自分もその一人、中学時代に少女雑誌にバレエをテーマとしたヒット漫画が連載されており、親の眼を盗んで少ない小遣いの中から単行本を買い読んだ。生の舞台は妹が通っていたバレエ学校の発表会しか見ていないが、ソ連(当時)のボリショイバレエ団の公演などを特集したテレビ番組などはよく見た。その頃に世界のバレエ団とトップダンサーを特集した雑誌が刊行され、嘆願して買ってもらった。
 過去には以上を経て、クラシックバレエの歴史等についてはそこそこ接してきたが、本展覧会はそれらのおさらいと、新たな事実に触れる絶好の機会として、入場前から心が弾んだ。

 本展覧会の展示の中心は、ダンサーを描いたリトグラフやエングレーヴィング(まだ写真がない時代の)、公演のポスター、他にも衣装や台本・楽譜などが出展されていた。作品の枠外のタイトルや文章が書かれているものもあったが、読めなくて残念である。

続きはこちら
by nene_rui-morana | 2014-01-18 22:44 | 芸術 | Comments(0)

国立博物館友の会入会

 本日標記のとおり入会しました。
 昨年中に特別展で平成館を訪れた時、休憩室内のパンフレットで知り、注目していました。年会費1万円ですが、国立博物館の特別展・共催展の鑑賞券が12枚つきます。ここ2、3年の特別展見学、告知されている特別展、同行していただいている知人の分などを考えると、入会がお徳と判断しました。
 他には、ミュージアムショップやレストラン・有料イベントの割引、平常展の無料見学などの特典があります。また記念にミニマグネット(デザインは円山応挙「朝顔狗子図」)もいただきました。
 本日早速、特別展「妙心寺」を鑑賞しました。鑑賞券6枚は上野以外の国立博物館でも利用できるので、できれば年内に他の博物館に行きたいと思います。
by nene_rui-morana | 2009-02-06 22:26 | 芸術 | Comments(0)

 携帯電話の配信ニュースで、ボリショイバレエ団の往年のプリマ、ナタリヤ・ベスメルトノワさんが2月17日にモスクワの病院で亡くなったことを知りました。享年66歳、腎臓を病んでおられたとのことです。

 クラシックバレエにはさほど詳しくありませんが、10代の頃にNHKテレビでベスメルトノワさん主演の「愛の伝説」や「白鳥の湖」を見ており、名前は覚えていました。図書館の写真集や雑誌にも掲載されていて、著名な演出家・グリゴロヴィチ氏の奥様であることも知っていました。その頃、妹と共に親の目を盗んで読んでいた少女漫画に触発されてバレエを習いたいと思い、それが叶わなかったこともあって、なおさら同時期にTV番組で見たナタリヤさんの名が脳裏に焼きついたのです。
 数年後ボリショイバレエ団が来日し、初任給で文化会館のチケットを両親の結婚記念日にプレゼントしましたが、その時のソリストにもナタリヤさんが名を連ねていて(鑑賞当日の公演には出演されていませんでしたが)、日本でもよく知られた舞踏家だったと思います。
 最近ではDVD等で昔の舞台も比較的簡単に見られるようになりました。多くの人がナタリヤさんの舞台に魅せられたと思います。なお、多くの作品で共演したアレクサンドル・ボガティリョフ氏も数年前に40代で亡くなられたというニュースを以前某サイトで見ました。

 かつて自分の中に相応の位置を占めていた方が亡くなられるたびに、人の世の無常を、生きることの試練を、身をもって感じます。
 つつしんでご冥福をお祈りします。

 なお、件の漫画の続編が、今度は旧作のヒロインの娘を主人公にして連載されていると、先日新聞の広告で知りました。ぜひ読んでみたいと思っています。
by nene_rui-morana | 2008-02-19 22:37 | 芸術 | Comments(0)