運慶 後期

[副 題] 興福寺中金堂再建記念特別展

[見学日] 2017年11月17日(金)

[会 場] 東京国立博物館・平成館

 


 知人と見に行った表記展覧会の前期は大変素晴らしかった。わずかだが展示替えがあり、後期には【重源
上人坐像】が出展されるとあっては、行かずにすむわけはない。

 しかし、10月末にひいた風邪がなかなか抜けず多くの展覧会のキャンセルを余儀なくされ、気が付けば会期も終了間近、必死で調整して何とか時間を確保、当日は午前中は仕事をして職場から会場へ向かった。

 今回は京成電鉄を利用、上野駅から道中のビル内の階段を上がり外に出る。通常は四季の移ろいを感じる機会の少ない身には、上野の山の色づいた銀杏には心癒される思いがした。目の前には長蛇の列、『怖い絵』展待ちは90分待ちとのことだった。

 不安を覚えながら東京国立博物館へ向かうと、こちらも50分待ちとのこと、絶句したが引き返すわけにはいかず、覚悟を決めて列に並び、『新撰組顚末記 永倉新八』を読みながら時間をつぶした。幸い天気は良く、若冲や鳥獣人物戯画を経験している身にはさほど長くはなかったが、病み上がりでそこそこ重い仕事の書類を持った身にはさすがに応え、ようやく入場できた時はかなり腰も痛んだ。

 幸いコインロッカーは空きがあった。

→ 続きは後日


[PR]
by nene_rui-morana | 2017-11-18 16:26 | 記事作成中(近日中アップ予定) | Comments(0)