特別公開 「隅田川御殿之図」

 墨田区堤通にある木母寺(もくぼじ)は、謡曲「隅田川」で取り上げられ、歌舞伎等でも演じられた「梅若伝説」の舞台としても知られている。江戸時代にはその境内に徳川将軍家が参詣するための【隅田川御殿】が建てられた。
 最近、この御殿の原図が発見され、地元のすみだ郷土文化資料館で特別公開され、文化の日に同館を訪れた際に見ることができた。

f0148563_22383348.jpg 公開されていたのは【隅田川御殿之図】と【隅田川御殿御指図】の2点、前者は徳川綱吉が参詣する際の御殿の詳細を、後者は建物の形状や素材・将軍来訪時の動線などを伝えている。いずれも、隅田川と将軍家との関わりや、墨堤植樹の歴史を探るうえで、非常に重要な史料だという。
 隅田川御殿に関しては今回初めて知った。専門的な知識がないので細部の理解まではできなかったが、貴重な史料の原本をこの目で見られて大変嬉しかった。
 いつか江戸東京博物館などでより大規模な展覧会が開催される時は、ぜひこの2点も出展してほしい。それまでにしっかり勉強をしておく必要があると感じている。

 爽やかな晴天に恵まれた平成25年の文化の日は、複数の場所を廻って少々疲れたが、東京スカイツリーの御膝元でこの地の古代から近代までの歴史に直に触れることが出来て、自分にとっては大変有意義な一日だった。
[PR]
by nene_rui-morana | 2014-02-05 22:40 | 東京スカイツリーの町から | Comments(0)

趣味の史跡巡り、美術展鑑賞などで得た感激・思い出を形にして残すために、本ブログを立ち上げました。心に残る過去の旅行記や美術展見学記なども、逐次アップしていきたいと思います。


by nene_rui-morana